メルマガ【顔写真】

こんにちは!

メルマガ、第1回です。

回を追うごとに、SEOやWEB広告へ話を展開していきますが、まずはWordPressの使い方に慣れながら、WEB集客を考えていきましょう!

ヘッダー画像

0001

ホームページの見栄えとして、まずは、サイトのヘッダー画像が気になるところだと思います!

サイトのヘッダー画像は、ご自身で変更できます!

WordPressログイン画面の、『外観』で「カスタマイズ」や「ヘッダー」をクリックすると変更画面に移ります。

「1260×240ピクセル」以上の大きさの画像があれば、サイト上で切り抜いて使えます。

変更を、トライしてみてください。

なお、ご自身で変更ができない方は、おたずねいただいても結構です!

画像をご用意いただければこちらで変更作業も承ります!

WEB集客とヘッダー画像

さて、ヘッダー画像などの画像を載せる場合、WEB集客上、まず注意しなければならないことがあります。

売上アップを目指すなら、ヘッダー画像などのサイトのファーストビューとなる範囲には、必ず顔写真を載せましょう!

簡単に言うと、顔写真があると広告の効果があがります!

信頼が上がります!

「このお店、営業してるのかな?」と、無駄な不安を抱かせません!

人には相性というものがあるので、どうせよい縁にならないなら、事前に顔を見せておいた方が、無駄な問い合わせが減り、効率的です!

…この言葉だけではまだ顔写真を載せることに抵抗がある方は、ご自身で「コピーライティング」等を勉強してください。

ただ、皆様は、ビジネスサイトを運営してWEB集客を高めたいと思われる方のはずです。ここで足踏みしている訳にはいきませんので、問答無用で、顔写真は載せてください!

顔写真は、何の実績がなくても誰でもできる、最も簡単なワンステップです!

どうしても抵抗があるという方は、イラスト業者に有料で似顔絵を作成してもらうのもいいですね。

なお、どんな表情がお客様に好まれるかは、ご自身でしっかり考えましょう!

画像を作る

長くなりましたが、ここまでは前置きです。「コピーライティング」等を調べれば誰でも言っている初歩の話です。

で、ここからは、実際の画像の作り方です。

意外と、この部分までは解説が少ないもので、というのも、画像をどうやって作るかなんて、個人の自由だからだと思われます。

一般的には、illustlater等の画像ソフトが必要になると思いますが、そんな投資をしなくても、今、PCにあるソフトでも基本的なことは可能です!

例えば、サイトで顔写真を載せる場合、「いい感じの背景画像」に「顔写真」を重ねるのが定番ですが、ここで問題になるのが、「顔写真の背景を消したい」ということです。

そこで、エクセルでは、『書式 ⇒ 背景の削除』で下記のように、顔写真画像の背景をスケルトンにできます。

0002

ただ、こうして作ったエクセルは保存しても、エクセルファイルでしかありません。

では、どうやって画像ファイル(jpg等)にするかというと、キーボードに搭載されている『PRTSC』というボタンを使います。

これは「プリントスクリーン」といって、今画面に映っている状態を画像としてコピーできる機能です。

そして、PRTSCでコピーした画像は、Windowsに搭載の簡易画像アクセサリ『ペイント』に貼り付けして、画像ファイルとして保存することができます。これで完成です!

※PRTSCのボタンがないPCをお使いの方は「PRTSC」「プリントスクリーン」等で検索してください。Windowsパソコンならその機能は搭載されているはずです。

また、この作業(エクセル、PRTSC、ペイント)は、WordPressの使い方ではないので、原則としては、こちらへお尋ねいただけません。ネット検索等で、ご自身でお調べいただけますようお願いします。

なお、「ペイントでは写真の背景が消せない」、「エクセルでは画像ファイルとして保存できない」等、それぞれに長所短所があります。

ここで、もうひとつ欲を言うと、「ペイントでは日本語文字を入力するのが困難」と思われます。上記の過程で画像に文字を入れるならエクセルにおいてとなるでしょう。ただ、エクセルの文字は少し貧弱だったりもします。

そこで、何かフリーの画像編集ツールをインストールしてもいいでしょう。ご参考までに、当事務所は「PhotoScape」というフリーソフトを使っています。画像に文字を入力する際に使えます(インストールは自己責任でお願いします)。