ドメイン・サーバとは?

ドメインとは

ドメインとは、次のことに使用しするものです。

  • URL(ホームページのアドレス)
  • メールアドレス

 

ここで、注意したい点は、『一度決めたURLは、後から変更しない』ということです。

変更する場合、ビジネスとして、大きなリスクがあります。

 

このため、安易に無料ホームページを導入するよりは、ビジネスサイトなら、最低限の形でも有料版で導入するのがよいでしょう。

これにおいて、『WordPress』は、シェアNo.1ソフトなので、最もスタンダードと言えるです。

pt

 

独自ドメイン

ホームページには、無料で導入できるものもあります。

その場合、ホームページのアドレスは次のようなものになるでしょう。

  • http://ocn.com/○○○/
  • http://○○○.ninja.com/

これらのURLは、何らかサービスを間借りしていることが一目瞭然です。

無料のホームページは、URLの見た目上、信用を欠くところがあり、ビジネスとしてダサいと言われています。

 

そこで、ビジネスとして、恥ずかしくない形が『独自ドメイン』という有料アドレスの導入です。

独自ドメインでは、『https://○○○.com』のような、すっきりしたアドレスになります。

 

また、独自ドメインを導入していない場合、『Googleなどで一部のサービスが利用できない』など、実際の弊害も発生します。

今後、ビジネス上、決定的なサービスが利用できないとなると大きな痛手となりますので、ビジネス利用なら、長い目で見て、独自ドメインの導入が賢明です。

 

なお、ドメインは世界で1つだけのものになりますので、既に誰かが使用しているものは設定することができません。

pt

サーバとは

ドメインとは文字列であり、サーバとは空間です。

ドメインが『住所』で、サーバが実際の『土地』であるとイメージしてください。

なお、ドメインとサーバは異なるサービスのため、ドメインとサーバをつなげて使えるようにするまでには、WEBの知識・作業が必要となります。